DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
7巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/3327

Title: 著明な進行性の羊水過多をともなった胎児無顎症の一例
Other Titles: A case of fetal agnathia with progressive polyhydramnios
Authors: 佐藤, あずさ
太田, 好穂
加茂, 亜希
河村, 隆一
西口, 富三
Satoh, Azusa
Ota, Yoshiho
Kamo, Aki
Kawamura, Takakazu
Nishiguchi, Tomizo
Keywords: agnathia
polyhydramnios
polysplenia
Issue Date: 2018
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 症例は29歳、G2P1、自然妊娠。近医での妊婦健診中、妊娠27週頃から羊水量の増加を認め、妊娠31週の時点で前医に紹介、AFI (amniotic fluid index) 40cmと 高度羊水過多の診断で当院へ紹介となった。羊水量は進行性に増加し、妊娠32週5日の入院時点でAFI は60cmに至っており、3回の羊水除去を要した。胎児エコーでは上部食道の拡張は否定できたものの、咽頭部には嚥下羊水像が全く見られなかった。妊娠36週6日選択的帝王切開術を施行し、児は2556g、アプガースコア1分値3点、5分値3点で出生。肉眼的に小顎、小口、左右癒合する耳介低位を認めた。挿管困難のため緊急気管切開術を施行。X線およびCT検査の結果、無顎症の診断に至った。今回、非常に稀有な無顎症症例を経験したが、気道確保困難なことから、蘇生自体が困難なことが多い。進行性の著明な羊水過多にあたっては、無顎症を鑑別疾患の一つとして認識しておく必要がある。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/3327
ISSN: 21871914
Appears in Collections:7巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_7_1_68.pdf662.47 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback