DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
7巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/3326

Title: 卵巣癌手術後に腹腔内膿瘍を形成しBevacizumab併用化学療法中にS状結腸穿孔を発症した1例
Other Titles: A case of sigmoid colon perforation during chemotherapy with bevacizumab caused abscess formation after ovarian cancer surgery
Authors: 松木, 翔太郎
矢田, 大輔
東堂, 祐介
鈴木, 崇公
小田, 彩子
長谷川, 瑛
鈴木, 康之
Matsuki, Shotaro
Yata, Daisuke
Todo, Yusuke
Suzuki, Takahiro
Oda, Ayako
Hasegawa, Ei
Suzuki, Yasuyuki
Keywords: bevacizumab
ovarian cancer
intestinal perforation
Issue Date: 2018
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 分子標的薬であるBevacizumab(Bev)の重篤な副作用として消化管穿孔が挙げられる。今回我々は卵巣癌術後に腹腔内膿瘍を形成し、膿瘍治療後にPaclitaxel+Carboplatin(TC)+Bev療法を行い、S状結腸穿孔を発症した症例を経験したので報告する。症例は51歳。腹部膨満感を主訴に当科を受診した。MRI検査では両側の付属器腫瘤と大量腹水を認めた。卵巣癌の疑いで手術を施行し、術後診断は卵巣癌(endometrioid adenocarcinoma)、手術進行期はⅢB期(pT3bN1M0)であった。術後に腹腔内に血腫を形成し、それが原因で腹腔内膿瘍を形成したため抗菌薬治療を施行した。術後化学療法としてTC+Bev療法を行い、維持療法としてBev単独で9コース目を投与後にS状結腸穿孔を発症した。現在はCR(complete response)となり、経過観察中である。Bev投与の際の消化管穿孔を発症するリスク因子は、消化管の炎症と報告されている。本症例では腹腔内膿瘍治療後にBevを使用してS状結腸穿孔を発症した。慎重な症例選択を行い、合併症のリスクに注意を払う必要性を再認識させられた。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/3326
ISSN: 21871914
Appears in Collections:7巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_7_1_61.pdf876.69 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback