DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
7巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/3325

Title: 腹腔鏡下子宮全摘術後に腟断端部からMycoplasma hominisによる上行性感染が考えられた1例
Other Titles: Mycoplasma hominis infection from vagina after total laparoscopic hysterectomy: A case report
Authors: 三澤, 研人
市川, 義一
橋本, 正広
佐竹, 恵
加藤, 恵
江河, 由起子
鈴木, まり子
根本, 泰子
Misawa, Kento
Ichikawa, Yoshikazu
Hashimoto, Masahiro
Satake, Megumi
Kato, Megumi
Egawa, Yukiko
Suzuki, Mariko
Nemoto, Taiko
Keywords: Mycoplasma hominis
Postoperative infection
Total laparoscopic hysterectomy
surgical site infection
Issue Date: 2018
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: Mycoplasma hominis(以下M.hominis)は泌尿生殖器領域における常在菌であり、産婦人科の術後感染症の原因菌として症例報告が散見される。今回、腹腔鏡下子宮全摘術に腟断端部よりM.hominisによる上行性感染と考えられた症例を経験した。症例は45歳、子宮筋腫のため腹腔鏡下子宮全摘術を行った。子宮を経腟的に細切搬出を行い、その際、腟入口部から円蓋部に至る腟壁裂傷を生じ縫合修復した。術後にCMZ(セフメタゾール)を投与したが、術後2日目より発熱と腹痛が出現し、術後4日目にWBCは正常範囲内であったがCRPの上昇を認め、ABPC/SBT(アンピシリン/スルバクタム)に変更した。しかし、症状の改善なく、術後第8病日に、β-ラクタム系の抗菌薬が無効なことやCRP優位の炎症反応高値などの特徴からM.hominis感染を早期より積極的に疑いCLDM(クリンダマイシン)に変更した。当院の腟培養では陰性であったが、他院に腟培養検体を送付しReal-time PCR法を使用することでM.hominisが同定された。CLDM使用後からは臨床症状の速やかな改善を認め術後12日目に退院した。術後感染の原因としてM.hominisによる腟断端部/裂傷縫合部からの上行性感染が考えられた。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/3325
ISSN: 21871914
Appears in Collections:7巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_7_1_55.pdf610.39 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback