DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
7巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/3324

Title: 胎児期より腹腔内嚢胞を指摘され、出生3日目に小腸軸捻転を来した消化管重複症の一例
Other Titles: A case of duplication of the alimentary tract diagnosed prenatally as intraabdominal cyst, which resulted in intestinal volvulus at Day 3 after birth
Authors: 竹原, 啓
土井, 貴之
柏木, 唯衣
山田, 智子
Takehara, Kei
Doi, Takayuki
Kashiwagi, Yui
Yamada, Tomoko
Keywords: intraabdominal cyst
duplication of the alimentary tract
intestinal volvulus
Issue Date: 2018
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 症例は33歳、1経産。妊娠36週5日に、超音波検査にて胎児腹腔内に直径3 cmの嚢胞性病変を指摘した。胎児MRI検査から当初は膀胱憩室を疑った。妊娠38週4日に2830 g、男児、Apgar score 9/10を経腟分娩した。児は出生後より哺乳がやや緩慢であった。日齢2のMRI検査で嚢胞は4 cmに増大、腸管に隣接し、消化管重複症やメッケル憩室等が疑われた。日齢3の腹部レントゲン検査で、胃泡の拡張と大量の小腸ガスを認め、腸閉塞の診断で総合周産期センターに救急搬送し、同日緊急手術となった。4 cmの回盲部嚢胞を軸として回腸が反時計回りに720度捻転しており、嚢胞を含めた虚血壊死部を切除し、回腸端々吻合が行われた。組織学的検査で消化管重複症と診断された。術後経過は良好で日齢16に退院となった。胎児腹部嚢胞性病変を指摘した際は消化管重複症を念頭に置き、児に腸閉塞様の症状が出現した場合には、腸軸捻転を想定する必要がある。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/3324
ISSN: 21871914
Appears in Collections:7巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_7_1_49.pdf682.92 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback