DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
7巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/3322

Title: 閉経後の不正性器出血を主訴に来院した高分化型セルトリ・ライディヒ細胞腫の1例
Other Titles: A case of well differentiated Sertoli-Leydig cell tumor in a postmenopausal woman with atypical genital bleeding
Authors: 深田, せり乃
柴田, 俊章
仲谷, 傳生
安立, 匡志
田村, 直顕
村上, 浩雄
伊東, 宏晃
杉原, 一廣
金山, 尚裕
Fukada, Serino
Shibata, Toshiaki
Nakaya, Yoshio
Adachi, Masashi
Tamura, Naoaki
Murakami, Hirotake
Ito, Hiroaki
Sugihara, Kazuhiro
Kanayama, Naohiro
Keywords: Ovarian cancer
Sertoli-Leydig Cell Tumor
Issue Date: 2018
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: セルトリ・ライディヒ細胞腫は全卵巣腫瘍の0.2%を占める稀な腫瘍で、精巣の発生初期から成熟期までの種々の構造に類似した形態を示し、その段階により分化度が決められる。多くは30歳以下に発生し、アンドロゲン症状を示すことも多いが、エストロゲン症状を示すことは稀とされている。今回我々は、閉経後の不正性器出血を主訴としたエストロゲン産生性のセルトリ・ライディヒ細胞腫の1例を経験した。性索間質性腫瘍は、他の卵巣腫瘍に比べて発生頻度が少なく、診断に難渋する例や治療方針が確立していない場合もあり、症例の集積が期待される組織型である。今回の症例を通して、閉経後におけるセルトリ・ライディヒ細胞腫の特徴的所見を見出すことにより、性索間質性腫瘍を念頭に置いた例の診断や治療を改めて検討することとした。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/3322
ISSN: 21871914
Appears in Collections:7巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_7_1_35.pdf701.5 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback