DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
7巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/3320

Title: 加重型妊娠高血圧腎症の産褥3ヶ月に心停止を来した後腹膜発生の傍神経節腫の1例
Other Titles: A case of retroperitoneal paraganglioma diagnosed by superimposed preeclampsia and cardiac arrest in postpartum three months
Authors: 近藤, 奈穂子
田村, 圭浩
諸井, 條太郎
米澤, 出
小野田, 亮
Kondo, Nahoko
Tamura, Yoshihiro
Moroi, Jotaro
Yonezawa, Izuru
Onoda, Ryo
Keywords: Paraganglioma
Superimposed preeclampsia
Hypertension
Pregnancy
Issue Date: 2018
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 高血圧症において二次性高血圧が原因となる割合は10%であり、高血圧合併妊娠において二次性高血圧が占める割合はさらに低い。今回我々は、加重型妊娠高血圧腎症の産褥3ヶ月に心停止を来たし後腹膜発生の傍神経節腫と診断された1例を経験したので、若干の文献的考察を加えて報告する。 症例は31歳、1経妊0経産(人工妊娠中絶1回)、既往歴はない。妊娠初期より血圧高値のため高血圧合併妊娠の診断にて管理していたが、加重型妊娠高血圧腎症の診断となり、妊娠34週で緊急帝王切開を施行した。産褥3ヶ月、内科で高血圧の精査中に心停止を来し、後腹膜発生の傍神経節腫と診断された。高血圧合併妊娠においては二次性高血圧も念頭に置いた精査、管理が重要であり、原因の特定、治療により母児の生命予後を改善することができる。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/3320
ISSN: 21871914
Appears in Collections:7巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_7_1_22.pdf601.81 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback