DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
4巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/2890

Title: 造影CT検査が診断に有用であった子宮留膿症穿孔の2症例
Other Titles: Spontaneous perforation of pyometra diagnosed by enhanced computed tomography : a report of two cases
Authors: 勝又, 佳菜
望月, 亜矢子
城向, 賢
安立, 匡志
平井, 強
徳永, 直樹
Katsumata, Kana
Mochizuki, Ayako
Joko, Ken
Adachi, Masashi
Hirai, Tsuyoshi
Tokunaga, Naoki
Keywords: pyometra
perforation
computed tomography
Issue Date: 2015
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 子宮留膿症は閉経後に多いが、穿孔する頻度は稀である。穿孔しても婦人科的症状に乏しく、診断は困難である。今回、造影CT により、子宮留膿症穿孔の診断ができた2 症例を経験した。 症例1:81 歳、突然の下腹部痛と嘔吐で受診した。腹膜刺激症状と血液検査で炎症反応の上昇を認めた。造影CT で、子宮の腫大、子宮腔内の液体貯留、矢状断像・環状断像で子宮壁の途絶を認め、子宮留膿症穿孔と診断した。緊急開腹手術を行い、単純子宮全摘術と腹腔内洗浄ドレナージを施行した。 症例2:94 歳、突然の下腹部痛で受診した。腹膜刺激症状と血液検査で炎症反応の上昇を認めた。造影CT で子宮の腫大、子宮腔内のガス像、子宮壁の途絶を認め、子宮留膿症穿孔と診断した。緊急開腹手術を行い、単純子宮全摘術、両側付属器切除術、腹腔内洗浄ドレナージを施行した。 結論:子宮留膿症穿孔の診断に、矢状断像・環状断像を含めた造影CTによる子宮壁の途絶所見が有用と考えられた。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/2890
ISSN: 21871914
Appears in Collections:4巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_4_1_4.pdf1.77 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback