DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
4巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/2888

Title: 妊娠35 週に子宮破裂による腹腔内分娩を来した既往帝王切開妊娠の1 例
Other Titles: A case of uterine rupture resulted in delivery of the neonate into the abdominal cavity
Authors: 東堂, 祐介
村上, 浩雄
柏木, 唯衣
仲谷, 傳生
向, 麻利
古田, 直美
内田, 季之
谷口, 千津子
鈴木, 一有
伊東, 宏晃
金山, 尚裕
Todo, Yusuke
Murakami, Hirotake
Kashiwagi, Yui
Nakaya, Yoshio
Mukai, Mari
Furuta, Naomi
Uchida, Toshiyuki
Yaguchi, Chizuko
Suzuki, Kazunao
Itoh, Hiroaki
Kanayama, Naohiro
Keywords: 子宮破裂
既往帝王切開
子宮下部横切開
Issue Date: 2015
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 36 歳、4 経妊2 経産、既往歴及び家族歴に特記すべき事項なし。第1 子は妊娠37 週で自然経腟分娩した。第2 子は妊娠34 週5 日に胎児発育不全、胎児機能不全の診断で、子宮下部横切開による緊急帝王切開で分娩をした。今回、第2 子分娩の後6 か月で第3 子を自然妊娠した。妊娠経過に特記すべき異常を認めず、既往帝王切開創部の菲薄化も指摘されていなかった。妊娠35 週4 日に突然の下腹部痛と破水感を自覚して当院の救急外来を受診した。高度の胎児除脈を認め、常位胎盤早期剥離による胎児機能不全の診断で緊急帝王切開術を施行した。開腹所見は、前回の帝王切開創はT字型に破裂し、腹腔内に胎児・胎盤が娩出された状態であった。手術は破裂部位を慎重に修復して閉腹した。児は重症新生児仮死の状態で出生し、生後直ちに蘇生を開始、15 分後に心拍再開しNICU へ入院となったが、生後166 日目に死亡となった。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/2888
ISSN: 21871914
Appears in Collections:4巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_4_1_2.pdf669.67 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback