DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
3巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/2749

Title: 円錐切除後に断端遺残を認め光線力学療法を施行した2 例
Other Titles: Two cases of photodynamic therapy against residual and recurrent lesions after conization
Authors: 神藤, 里枝
幸村, 康弘
金森, 隆志
村上, 裕介
村上, 浩雄
仲谷, 傳生
安立, 匡志
柴田, 俊章
田村, 直顕
伊東, 宏晃
杉原, 一廣
金山, 尚裕
Kandou, Rie
Koumura, Yasuhiro
Kanamori, Takashi
Murakami, Yusuke
Murakami, Hirotake
Nakaya, Yoshio
Adachi, Tadashi
Shibata, Tishiaki
Tamura, Naoaki
Itoh, Hiroaki
Sugihara, Kazuhiro
Kanayama, Naohiro
Keywords: 光線力学療法
PDT
CIN3
円錐切除術
妊孕性温存
Issue Date: 2014
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: CIN3 に対する治療法として妊孕能温存を考 慮した円錐切除術、レーザー蒸散術、冷凍凝固 術、光線力学療法(Photodynamic therapy: PDT)が挙げられる。円錐切除術施行後に断端 遺残を認めた場合、子宮頸管短縮や妊孕能温存 の点から治療法選択に悩まされる。今回、 CIN3 円錐切除後の断端遺残症例に対しPDT を施行した2 例を経験したので報告する。症 例1 は40 歳、1 経妊0 経産。近医で円錐切除 術施行後の病理診断で断端陽性であったが細胞 診で経過観察されていた。1 年7 か月後に頸部 組織診で再度CINIII と診断。頸管短縮の可能 性からPDT 希望され当院紹介となった。PDT 施行し、その後の診察で治癒と診断。現在不妊 治療を再開している。症例2 は32 歳、0 経妊 0 経産。近医で2 回のLEEP を施行されたが、 CIN3 の再発を認めたため前医へ紹介。再度円 錐切除術施行されるも頸管側断端陽性。挙児希 望強くPDT 希望のため当院へ紹介受診となっ た。PDT 施行し治癒に至った。2 症例の経験 から子宮頸部円錐切除後の再発や断端遺残に対 しPDT は有効な治療法の一つと考えられた。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/2749
ISSN: 21871914
Appears in Collections:3巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_3_1_10.pdf168.05 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback