DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
3巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/2748

Title: 胎児共存部分胞状奇胎の3症例
Other Titles: Three cases of partial hydatidiform mole coexistent with a fetus
Authors: 仲谷, 美沙子
田島, 浩子
川西, 智子
高橋, 慎治
内田, 季之
鈴木, 一有
古田, 直美
伊東, 宏晃
徳永, 直樹
金山, 尚裕
Nakaya, Misako
Tajima, Hiroko
Kawanishi, Tomoko
Takahashi, Shinji
Uchida, Toshiyuki
Suzuki, Kazunao
Furuta, Naomi
Itoh, Hiroaki
Tokunaga, Naoki
Kanayama, Naohiro
Keywords: hydatidiform mole coexistent with a fetus
partial hydatidiform mole
hyperreactio luteinalis
placental mesenchymal dysplasia
Issue Date: 2014
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 胎児と胞状奇胎が認められる病態には、胎児が存在する部分胞状奇胎の場合と、正常胎児・全奇胎の双胎の場合がある。今回、我々は胎児が共存する部分胞状奇胎と診断された3例を経験した。3症例とも妊娠初期に稽留流産となり、子宮内容除去術が施行された。そのうち2症例では、施術前に胎盤の超音波断層法像に異常を指摘されておらず、子宮内容除去術後に診断された。胞状奇胎の超音波像は多彩であり、必ずしも典型的な嚢胞状所見を示さないこともある。胎芽(児)を超音波で描出する稽留流産の場合、稀ではあるが胎児共存奇胎の可能性を念頭に置き、慎重に超音波検査を行い、胎盤・絨毛組織の病理検査を怠らないことが重要であると考えられた。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/2748
ISSN: 21871914
Appears in Collections:3巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_3_1_9.pdf14.34 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback