DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
3巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/2744

Title: 子宮筋腫核出術後妊娠25 週に子宮破裂をきたした1 例
Other Titles: A case of uterine rupture at 25 weeks of gestation after myomectomy
Authors: 菊池, 卓
川合, 健太
𡈽井, 貴之
Kikuchi, Suguru
Kawai, Kenta
Doi, Takayuki
Issue Date: 2014
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 今回我々は、子宮筋腫核出術後妊娠25 週に、 子宮破裂をきたした症例を経験した。症例は 39 歳、未経産婦、36 歳時に開腹下に子宮筋腫 核出術の既往歴あり。(38 個計410g 核出) 手術3 年後に自然妊娠。妊娠25 週5 日自宅 で突然の下腹痛を発症。受診時、ショック状態 であり、経腹超音波にて、子宮筋層後壁が不明 瞭であることから、子宮破裂を最も疑い、緊急 手術とした。児は994g、Apgar Score は1分値 1 点、5 分値1 点、臍帯血動脈pH 6.980。児娩出後、子宮を挙上したところ、子宮後壁左側 に縦方向に約7cm の裂傷を認めた。子宮を温存 し、閉腹。総出血量は2727g。総輸血量はRCC 8 単位、FFP 6 単位であった。術後の経過は良 好で,術後8 日目退院。手術1 年後に施行した MRI にて、左子宮後壁に筋層の欠損が疑われ、 再度の妊娠は子宮破裂の危険性が高いと説明。 挙児希望がなく、現在は低用量ピルを処方して いる。児は出生後約4 ヵ月後に退院している。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/2744
ISSN: 21871914
Appears in Collections:3巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_3_1_5.pdf5.27 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback