DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
2巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/2689

Title: 産褥6日目にStanford B型大動脈解離を発症した1例
Other Titles: A case of type B aortic dissection in 6 days postpartum
Authors: 小田, 智昭
松本, 雅子
原, 信
中島, 邦宣
窪田, 尚弘
鈴木, 康之
Oda, Tomoaki
Matsumoto, Masako
Hara, Shin
Nakajima, Kuninobu
Kubota, Naohiro
Suzuki, Yasuyuki
Keywords: Aortic dissection
postpartum
Issue Date: 2013
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 今回我々は産褥6日目にStanford B型大動脈解離を発症した1例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告する。症例は42歳、4経妊3経産、尿路結石の既往歴あり、Marfan症候群の家族歴なし。第4子妊娠管理中の血圧は100-130/50-70mmHg であった。妊娠40週3日に自然陣痛発来し、3370g の児をApgar score 8点で経腟分娩した。産褥6日目就寝中に突然腰背部痛をきたし救急車で前医受診。腎結石を疑い、当院泌尿器科受診したが水腎症を認めず、当科紹介受診。造影CT でStanford B型大動脈解離と診断、保存的加療を行い、20日後退院した。Marfan 症候群合併妊婦は妊娠中、産褥期に大動脈解離の発症リスクが高いことが知られている。しかし、本症例のような大動脈解離発症リスクを持たない妊婦も、妊娠中・産褥期の腰背部痛の原因として大動脈解離を鑑別診断することは必要である。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/2689
ISSN: 21871914
Appears in Collections:2巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_2_1_8.pdf2.46 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback