DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
2巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/2687

Title: エトレチナート内服後2年以内に妊娠し、先天性奇形を有する児を出生した膿疱性乾癬合併の一例
Other Titles: A case of patient with pustular psoriasis got pregnant within two years after administration of etretinate deliverd baby with congenital malformation
Authors: 小野田, 亮
永田, 直紀
佐野, 敬則
田村, 圭浩
成島, 正昭
石塚, 隆夫
Onoda, Ryo
Nagata, Naoki
Sano, Takanori
Tamura, Yoshihiro
Narusima, Masaaki
Ishizuka, Takao
Keywords: Etretinate
Psoriasis
Pregnancy
Malformation
Congenital
Issue Date: 2013
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 膿疱性乾癬をはじめとした多くの皮膚の重篤な角化異常症における治療薬として使用されているエトレチナート(チガソン®)は催奇形性の強さでも知られている。国内において奇形を有する新生児を出生した報告は未だないが、今回我々は、エトレチナート内服後2年以内に妊娠し、先天性奇形を有する新生児を出生した一例を経験したので、若干の文献的考察を加え報告する。 症例は28歳、4経妊1経産(平成12年に39週で正常分娩。人工妊娠中絶3回)。エトレチナート内服後2年以内に妊娠し、強い希望により妊娠継続を希望され、食道閉鎖症(Gross type C)、総肺静脈還流異常症、気管 軟化症を有する新生児を出生した。エトレチナート内服後は女性は2年、男性は半年の避妊をすべきであり、患者への十分な指導が必要と思われる。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/2687
ISSN: 21871914
Appears in Collections:2巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_2_1_6.pdf291.37 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback