DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
2巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/2685

Title: 比較的短期間に悪性転化した卵巣子宮内膜症性嚢胞の1 例
Other Titles: Relatively rapid transformation of endometrioma into ovarian carcinoma
Authors: 濱野, 恵美
望月, 修
若山, 彩
竹原, 啓
加藤, 雄一郎
多々内, 友美子
千田, 裕美子
宇津, 正二
Hamano, Emi
Mochizuki, Osamu
Wakayama, Aya
Takehara, Kei
Kato, Yuichirou
Tadauchi, Yumiko
Chida, Yumiko
Utsu, Masaji
Keywords: endometrioma
malignant transformation
ARD1A
ovarian carcinoma
clear cell carcinoma
Issue Date: 2013
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 症例は38歳女性。約5cmの卵巣子宮内膜症性嚢胞の診断で低用量ピルを処方し、外来経過観察中であったが、受診を自己中断した。外来初診時より2 年間経過後の再診時、腫瘍は約12cm に腫大していた。画像所見、腫瘍マーカーとも悪性腫瘍を強く疑わせる所見であり、ダグラス窩穿刺腹水細胞診ではclass Ⅴ、adenocarcinoma の診断であったため、腹式子宮全摘,両側附属器切除,骨盤リンパ節郭清および大網切除術を施行した。最終病理診断はpT1c, clear cell adenocarcinoma であった。 この近年、子宮内膜症の癌化が注目され、多くの研究では、子宮内膜症性嚢胞は卵巣癌、特に組織学的に明細胞腺癌や類内膜腺癌との関連があると考えられている。今回の症例を通して、子宮内膜症性嚢胞と卵巣癌の関連について、文献的考察を加え検討する
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/2685
ISSN: 21871914
Appears in Collections:2巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_2_1_4.pdf480.22 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback