DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
2巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/2684

Title: 単一胚盤胞移植後に成立した一卵性二絨毛膜二羊膜性双胎の1 例
Other Titles: A case of monozygotic dichorionic diamniotic (DD) twin pregnancy after single blastocyst transfer
Authors: 堀越, 義正
水野, 薫子
米澤, 真澄
俵, 史子
Horikoshi, Yoshimasa
Mizuno, Kaoruko
Yonezawa, Masumi
Tawara, Fumiko
Keywords: monozygotic DD twin
single blastocyst transfer
zygosity assisted reproductive technology
Issue Date: 2013
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: 単一胚盤胞移植 (Single Blastocyst Transfer、以下SBT)後にも双胎が発生することはよく知られているが、通常は一絨毛膜二羊膜性(MD)双胎である。今回我々は、SBT後に超音波診断で二絨毛膜二羊膜性(DD)双胎と診断し、出生後に遺伝子解析を行い、一卵性のDD双胎と証明した症例を経験したので報告する。症例は39歳0経妊0経産。男性不妊のため、前医でGardner分類4BBの胚盤胞1個を移植して妊娠成立し、当院へ紹介となった。妊娠7週の初診時に経腟超音波検査でDD双胎と診断した。妊娠30週より切迫早産のため入院管理となり、32週に妊娠高血圧症候群を発症、33週1日に高位破水し、34週0日に羊水混濁が出現したため、帝王切開術で児を娩出した。児は両児ともに男児で1828gと1990g、先天異常は認めなかった。胎盤は融合していたが、絨毛膜・羊膜ともに2枚ずつに分かれ、病理学的にもDD双胎と診断した。両親のインフォームド・コンセントを得て、遺伝子解析による卵性診断を行った結果、両児間の遺伝子型は全て一致し、一卵性であると証明された。 最近はSBT後にDD双胎が成立した報告が散見されており、これらはHatching 進行中の胚の分離に関連している可能性が示唆されている。
Description: 雑誌掲載論文
URI: http://hdl.handle.net/10271/2684
ISSN: 21871914
Appears in Collections:2巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_2_1_3.pdf1.91 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback