DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
静岡産科婦人科学会雑誌 >
1巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/2631

Title: 外科的治療を要したhyperreactio luteinalis の1 例
Other Titles: A case of huge hyperreactio luteinalis required surgery
Authors: 田中, 綾子
金井, 督之
江口, 正信
坂本, 愛子
鈴木, 泉
深瀬, 正人
内藤, 成美
門, 智史
辻井, 篤
Tanaka, Ayako
Kanai, Tadayuki
Eguchi, Masanobu
Sakamoto, Aiko
Suzuki, Izumi
Fukase, Masato
Naito, Narumi
Kado, Satoshi
Tsujii, Atsushi
Keywords: hyperreactio luteinalis
multiple theca lutein cysts
ovarian hyperstimulation syndrome
ovarian tumor
Issue Date: 2012
Publisher: 静岡産科婦人科学会
Abstract: hyperreactio luteinalis ( HL )はhCG によって両側卵巣が多房性に腫大する反応性の変化である。HL は大きさや持続期間が様々で腫瘍との鑑別が必要となる。今回我々は外科的治療を要した巨大なHL を経験したので報告する。【症例】24 歳、1 経妊0 経産。自然妊娠成立し、初期エコーでは卵巣腫大の指摘なし。その後未受診で経過し、3ヶ月後に突然の 下腹痛と大量の性器出血を認め当院へ救急車搬送された。来院時子宮内に胎児像はなく、腹腔内を占拠する33cm の多房性嚢胞をみとめた。腫瘍圧迫による低酸素血症を認めたため緊急手 術(左付属器切除、右卵巣腫瘍摘出)を施行。腫瘍重量は左5600g、右7050g で組織学的にHL と診断された。【考察】HL は基本的に保存的治療であるが、手術となる場合は可能な限り 迅速病理診断を用いて過剰切除を控えたい。
URI: http://hdl.handle.net/10271/2631
ISSN: 21871914
Appears in Collections:1巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jsog_1_1_1.pdf雑誌掲載論文1.45 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback