DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
1010 雑誌掲載論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/2368

Title: 直腸静脈瘤破裂に対して内視鏡的静脈瘤結紮術および硬化療法が奏効した1例
Authors: 住吉, 信一
小林, 良正
早田, 謙一
川村, 欣也
熊岡, 浩子
本城, 裕美子
松下, 雅広
Keywords: 直腸静脈瘤
内視鏡的静脈瘤結紮術
内視鏡的硬化療法
Issue Date: 20-Aug-2004
Publisher: 社団法人日本消化器内視鏡学会
Citation: 日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol.46 , No.8(2004)pp.1503-1509
Abstract: 直腸静脈瘤は,胃・食道静脈瘤に比べ,頻度は少ないが,出血した際には大量の血便をきたすことが多く,その治療に難渋することがある.症例は5年前に食道静脈瘤破裂をおこした際,硬化療法による治療歴のある特発性門脈圧亢進症の患者である.今回,直腸静脈瘤破裂に対して内視鏡的結紮術にて止血し,硬化療法を追加することにより,直腸静脈瘤を消失させた上,1年後の現在,再発なく良好な経過をたどっている症例を経験した.内視鏡的結紮術は,破裂時の一時止血には優れているものの,静脈瘤の再発を考慮すると硬化療法による追加治療が必要であると考えられた
Description: rights:社団法人日本消化器内視鏡学会
rights:本文データは学協会の許諾に基づきJournal archiveから複製したものである
URI: http://hdl.handle.net/10271/2368
ISSN: 1884-5738(ONLINE)
0387-1207(PRINT)
Appears in Collections:1010 雑誌掲載論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jnlpdf46_8-1503.pdf7.62 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback