DSpace About DSpace Software 日本語
 

HamaMed-Repository >
10 学術雑誌論文 >
1010 雑誌掲載論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10271/1921

Title: Waffle procedure が奏効した収縮性心膜炎の1例
Authors: 大倉, 一宏
寺田, 仁
阿久澤, 聡
山下, 克司
鷲山, 直己
Keywords: 収縮性心膜炎
心外膜切開
Waffle procedure
Issue Date: 2009
Publisher: 日本心臓血管外科学会
Citation: 日本心臓血管外科学会雑誌, Vol. 38 (2009) No. 2 pp.138-141
Abstract: 症例は59歳,男性.2007年10月初旬より動悸,咳嗽,胸痛を自覚し近医にて内服加療行うも症状は改善しなかった.同年10月下旬労作時の呼吸困難と下肢の浮腫が出現したため前医受診,急性心膜炎,心不全の診断にて入院となった.前医入院後利尿剤投与等行うも心不全症状改善せず,心エコーおよび心カテーテル検査にて収縮性心膜炎と診断され同年11月中旬手術目的に当院転院となった.画像上,壁側心膜と右室前面から横隔膜面を中心とした心外膜の著明な肥厚を認めた.手術は壁側心膜切除の後,心外膜に格子状の切開を加えるWaffle procedureを施行した.術後心カテーテル検査では,右室圧波形はdip and plateauを呈するものの肺動脈楔入圧は術前20 mmHgから13 mmHg,右房圧は術前20 mmHgから13 mmHg,心拍出量係数は術前2.2l/min/m2から2.9l/min/m2といずれも改善し,第22病日軽快退院した.
URI: http://hdl.handle.net/10271/1921
ISSN: 1883-4108(ONLINE)
0285-1474(PRINT)
URI: http://dx.doi.org/10.4326/jjcvs.38.138
DOI: info:doi/10.4326/jjcvs.38.138
Appears in Collections:1010 雑誌掲載論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jpn_ShinzouKekkan-38_2-138.pdf522.42 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback